辻 かおる (理学博士)

昆虫や植物を用いて、生態学の研究をしています。

生物がどのような変遷を経て現在の状況に至ったのか、今後どのような変遷を遂げていくのかに興味を持っています。 

主に花形質の雌雄差に着目し、雑居性雌雄異株植物ヒサカキの花と花に訪れる昆虫(花食者や送粉者)を材料に研究しています。

 

[研究コラム (https://academist-cf.com/journal/?p=9190) ・むしコラhttp://column.odokon.org/2013/1025_173000.php)・

 かおるちゃんの昆虫日記 (共和教育映画社 1996]。